「みやちゃん」を斬る!

「ラーメンを斬る」第8弾。今回は「みやちゃん」にお邪魔した。

またまた行われたラーメン討ち入りツアー。
当日急遽決定したにも関わらず、約束の七の刻には四人のラーメン侍が集まった。

飢えた肉食獣のごとく、一斉に群がってきた猛者どもは迫力満点。
百戦錬磨の強者達だけに、今回も辛口トークが展開されること請け合いだ。

斬って斬られて、斬られて斬っての果たし合いの前に、まずは「みやちゃん」について説明しておこう。

「みやちゃん」と聞いて、ぴんと来る方はかなりのラーメン通。
それもそのはず、この店は「十六茶」のCMの福岡バージョンが撮影された由緒正しきラーメン屋なのだ。
「福岡、博多ラーメン、十六茶!」と心の中で唱えながら、いざ「みやちゃん」へ。

場所は福岡市東区筥松。
筥松小学校の前の道を、新幹線の高架の方へ進むと右手に「みやちゃん」が見えてくる。

カウンター席と座敷が広がる店内には、もちろんCM撮影時の写真が飾ってあり、小林聡美もにっこり。そして、セルフサービスの給水機からは十六茶が・・・出るわけないか。

しかし、ここで大問題大発生。

「ラーメンツアー」と題しているにも関わらず、分からず屋の隊員UとMは空腹に耐えきれず、唐揚げ定食(650円)などを注文してしまう。 が、筆者は断固、ラーメン(450円)を、隊員Y1はシナチクラーメン1)(550円)を注文し、使命を全う。
そして、とうとうモノが到着したのだが・・・。

まず、ラーメンに一瞥。
「なんか透き通ってるなあ?おい!」

そして、スープを一口。
「これがトンコツか!?」

色といい、味といい、「しょうゆラーメンじゃねえか!」
(空腹による暴言をお許しください)
それほど、味が薄く感じた。

以前食べたときに感じなかったスープの力のなさをここで実感。
どうも、最近のラーメン巡りのせいで舌が肥えてしまったようだ。
思わず、のれんに書いてあった「長浜ラーメン」という文字を消してしまいたくなるほどの衝撃を受けた。

しかし、それは筆者だけではなかったようだ。

隊員Yからも「うすーっ!」という声が飛び、二人してテーブルに置いてあった替え玉(100円)用のスープを継ぎ足す。
しかし、これが大誤算。確かに味は濃くなったのだが、辛い! まさに醤油を飲んでいるような感覚。

空腹を満たすため、スープを半分以上飲み干さねばならぬつらさを、一体どれだけの人が理解してくれるであろうか。
救うべきは、麺の細さとおばちゃんの人の良さ。しかし、スープの衝撃はいかんともしがたいものであった。

どうも、「みやちゃん」は十六茶の上にあぐらをかき、味の探求心を忘れてしまったようである。古豪復活を密かに祈る、筆者であった。

店を後にした我々を待っていたのは、なんと次節に続くダブルヘッダー。
我々の舌を満足させるラーメンを求め、ラーメンツアーは続くのであった。(詳細は次回報告

1) 麺ばかり食べていると、シナチクだけになる。ペース配分に注意。

おすすめ度
☆☆☆☆☆(オススメ度0:とほほ…)
みやちゃん ホームページ
福岡県福岡市東区筥松1丁目8-31
TEL/092-622-1410
営業時間/調査中
定休日/調査中
席数/30席ぐらい

ラーメンランキング

1位
福よし
トンコツラーメンの最高峰
2位
一蘭
チェーン店の最高峰
3位
大龍ラーメン
久留米ラーメンの最高峰