「丸幸ラーメン」を斬る!

「ラーメンを斬る」第2弾。今回は丸幸ラーメンにお邪魔した。

正式名称「(有)丸幸ラーメンセンター」。
ラーメンランキングでたびたび上位に顔をのぞかせる丸幸ラーメンだが、探しても見つからない佐賀県にあるということで、いまいち知名度は低い。

まず店の場所からだが、福岡から行くならば、国道3号線をひたすら久留米方向に向かって南下していけば良い。

高速道路と見間違うばかりのバイパスを抜けると、そこはもう佐賀県。
一昔前までガソリンが安かったことで有名な基山に「丸幸ラーメン」はひっそりと存在する。

トラックの運ちゃんが頻繁に利用することもあって、駐車場は福岡ドームに負けないくらい広い(脚色あり)が、果たしてこの広さが必要なのだろうか?

店は昔ながらのたたずまい。
入り口を入ると、目の前に「食券を買ってください。」と小さい文字で書かれているが、初めての人は食券をどこで買っていいのか分からないだろう。
しかし、そこできょろきょろしていると、初心者と思って甘く見られるので、素早く左後ろに振り向き、カウンターを見つけるべし。

メニューは、ラーメン(370円、なぜか元祖と書かれていた)、特製ラーメン(460円)、ラーメン定食(750円)など様々あるが、ラーメンを頼んでおくのが無難。

筆者は満腹ラーメン(460円)なるものを注文したが、量が多いだけで、さして普通のラーメンと変わりがないようだった。

そのラーメン、麺・具・スープに分けて解説する。

まず麺だが、これはいかん!

細堅麺が好きな筆者ではなくとも、あの麺には疑問が残るだろう。
第一、麺にコシが全然ない。
ゆですぎたのだととしても、あの柔らかさはいただけない。麺の太さも普通でいいとこまるでなし。
(一昔前はうまかったが、最近味が落ちたとの情報あり)

次は具。

シナチク、海苔、チャーシュー4枚と盛りだくさんだったが、残念なことにチャーシューが冷たかった。
多分、冷蔵庫から出してすぐのものを使用したためであろう。初心者と思って馬鹿にされたに違いない。

最後にスープだが、これが唯一の救い。
大龍ラーメンとは打って変わって、こちらはあっさり系のスープだが、飲んでみると以外にコクがある。 あの「福よし」を思い出させるうまさだ。
しかし、いかんせんスープだけじゃラーメンは成り立たない。

ジャイアンツの清原も立ち寄ったという丸幸ラーメンだが、彼はあのラーメンを食べてどう思ったのだろうか?
「清原、丸幸ラーメンを、飲んで、打って、ドカーン♪」といきたいものだ。
ただし横浜戦以外でお願いします。

それでは「ラーメンを斬る」第3弾でまたお会いしましょう。

[丸幸ラーメン・ミニデータ]

定休日:毎週火曜日(祝、祭日をのぞく)
ラーメン     370円
チャーシューメン 460円
特製ラーメン   460円
満腹ラーメン   460円
かえめん     110円
スープ(お薦め)  260円
ラーメン定食   750円

おすすめ度
★☆☆☆☆(オススメ度1:ダメだこりゃ)
丸幸ラーメン ホームページ
佐賀県三養基郡基山町小倉1642
TEL/0942-92-2855
営業時間/24時間営業
定休日/火曜日(祭日を除く)
席数/150席

ラーメンランキング

1位
福よし
トンコツラーメンの最高峰
2位
一蘭
チェーン店の最高峰
3位
大龍ラーメン
久留米ラーメンの最高峰